こんにちは  ケイコです。

 

詐欺商材の巣窟、インフォジャパンで販売中の

松沢博氏が提唱するワーキングリッチ革命ですが

ライティングのリアルビジネス、在宅ワーク

のオファーです。

 

if02

 

ライティングの在宅ワークには私自身、

有名どころのクラウドソーシングに数社、

登録しており書けそうな案件が廻って

くれば書いて少ないですが稼ぎには

なっています。

 

まず大前提ですがライティングの在宅

ワークは専業でやるなら別ですが

片手間でやっても稼ぎはしれてます。

 

また案件に対し記事を提出しても

コンペ形式だと不採用は当然あります。

 

さて、松沢博氏のワーキングリッチ革命

ですが、セールスレターを見てると

ライティングにしては対価が良すぎ、

 

普通のクラウドソーシングだと1000文字

書いて1000円くらいが相場。

 

ところが松沢博氏の買取価格は

40,000円、10回やれば40万円。

 

ライティングにしては、かなり高額、という

より、この金額だと何かウラがある、と考える

のが妥当です。

 

 

実は「何かウラがある」、というより松沢博氏は

提出された記事を買い取らないようです。

 

だったらいくらでも値段は付けられますよね、

払わないんだから。

 

コンペ形式だから買い取れない、とケチを

付けて支払いを拒否しているようですが

記事を採用されてお金が支払われた方は

実際にはいないとか。

 

また、あまりの再現性の無さに始めの商材代

の返金を請求しても返金に応じない、など

被害者は続出しているようです。

 

松沢博氏はその記事を元にアフィリサイト

でも作って一儲けしてるんでしょうね。

 

被害者にしてみれば詐欺罪での刑事告訴

を視野に入れてもいいくらいの商材ですが、

詐欺罪は立件するのが非常に困難で一般的

に裁判所でも警察でも基本、詐欺罪での刑事

告訴受理は嫌がられます。

 

それなら民事でと思ったら証拠集めをするのは

あなた自身です。誰もやってくれません。

 

詐欺商材は売ったモン勝ち、悲しいことに

これが現実です。

 

そもそもムシのいい話には何かウラがある、

と考えるのが最大の防御策です。

 

 

怪しい、と思ったら関わらないのがいちばんです。