こんにちは。

BUYMA でバイヤーもやっているケイコです。

 

pct0

 

まず大前提ですが、日本に居ながら BUYMA で稼ごうと思っても

海外在住のバイヤーがおられる限りは、取り扱いブランド・販売

価格・品数、どれをとってみても太刀打ちできません。
という大前提の元、今回の無料オファー、

「猿真似ビジネス」を検証します。
まずLPに書かれている「毎月50万円・・」ですが、単純計算

しても売れた商品が400点~500点ともなれば可能。

バイマでバイヤーをやっていれば わかりますが、新規参加の

バイヤーが この販売点数・・

もう、この時点で再現性は かなり低いです。

商品1点の粗利を約1000円としての計算ですが、粗利をそれ以上、

上乗せして売ろうと思ってもユーザーからは見向きもされない

だけです。

さて、

このオファーの肝となる 「パーフェクトコピーツール」 ですが

動画を見ると、売れる商品、その商品を取り扱っているバイヤー

、買い付け地を探し出すツールのようです。

 

pctx3

pctx1

「パーフェクトコピーツール」のGUI

pct4

 

このツールを使って売れている商品を探し出して 「魔法の出品

テンプレート」 で出品、という流れです。

となると当然のことながらコレを使った他のバイヤーたちとカチ

合ってしまいますよね。

カチ合ってしまったところで超売れている商品を扱っているのは

主に海外在住、もしくは独自の買い付けルートを持つ国内のプレ

ミアムバイヤー。

販売価格ではとてもじゃないですが勝てません。

日本に居てバイマで稼ごうと思えばニッチなブランドのニッチな

商品、それを選ぶのがポイントなんですが、やはりそういった

ピンポイント的な商品に対してアンテナを張られているバイヤー

は数多くおられます。

なので そこをかいくぐって商品を見つける・・・

それをするには人並み外れたセンス、情報収集力が必要です。

あなたはこのツールがそこまでやってくれると思いますか?

ということで このオファーの再現性の低さが分かっていた

だけたと思います。

再現性の低さだけじゃなく後に

「佐藤式 猿真似BUYMAスクール」 298,000円

pct000

 

という高額塾への誘導となります。

以上の事から このオファーには手を出さない方が賢明です。

 

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。

 

読んでいただいたお礼として、これからBUYMA を始めてみたい、

という方へ。

 

私が使っている仕入れ先です。

 

Dolls Kill.com (アメリカ)

ストリート系、ゴスロリ系ファッション、小物

 

Karma loop.com (アメリカ)

主にストリート系ファッション、小物

 

あとアメリカの百貨店系列で

Macy’s

Saks Fifth Avenue、

Bloomingdale’s

Neiman Marcus、

Nordstrom など。

 

 

イギリスからだと Selfridges

ASOS UK はすでにバイヤーで飽和状態です。

 

 

以上は私が BUYMA の仕入れ先として実際に買い付け

しているショップばかりで、日本までの配送OK、日本の

クレジットカードOK、航空便はすべて追跡付き、

すべて信用のおけるショップです。