こんにちは、  ケイコです。

 

さて・・・

「ガチャポン億万長者」 「100円ワンコイン投資」 「夢を叶える投資競馬」

 
gatya

gatya1

gatya2

 

この3つの商材はどれも同じ販売者の同じ商材、競馬の商材です。

 

その競馬の手法ですが、ズバリ種明かしをしてしまうと「マーチンゲール法」

を使った馬券購入法です。販売元の運営事務局が言っているので間違い

ありません。

 

マーチンゲール法については後述するとして この手法を競馬にあてはめると

 
どういう結果になるか、結論から申しますと・・・

 

 
間違いなく破綻します。

 

 

 

この「マーチンゲール法」とは、仮に一日12レース中の一番人気の馬の単勝

オッズがすべて2.0倍とします。

 

 

初めに1レース目に1000円賭けて負ければ次はその倍の2000円、

 

 
それでもまた負ければ倍々の4000円、それでもまた負ければ倍々々の8000円・・・

 

 

 

 

というふうに賭け金を足していくんじゃなく2乗していきます。

 
で、勝った時点で賭け金は1000円に戻す、というやり方。

 

 
1レースから12レースまでこのやり方で賭けてどのレースで勝てても収支は+1000円。

 

ただし1000円から始めたといっても5レース連続で負ければ6レース目には

32000円賭けなければ元が取れません。

 

 

さらに7レース連続で負け続けたとしたら8レース目にはナント!!

 
12万8千円の賭け金が必要(これで勝っても収支は+1000円)。

 
もし仮に5レース目までは順調に勝てたとしても6レース目から最終レースまで

負け続けたとしたらトータル12万8千円の赤字、この赤字を取り戻そうと次週の

開催日に1レース目から12万8千円を賭け、3レース連続で負け続けたら・・・

 

 

 

なんと!!

4レース目にはついに賭け金が百万円を超えなくては元が取れません。

 
競馬に百万円賭けることができますか?

 
百万円の馬券を汗ばんだ手で握りしめ、

 

 

 

「やった~! とった!とった~~!!」

 

 

 

・・・・・ といっても収支はプラスの千円のみ、寿命はマイナス10年ほど(笑)

 
でも、もし負けていたら・・・

 

 

精神崩壊、その後に家庭崩壊が待っています。

 

 

 

さらに1レースから12レースまで一度も1番人気馬が来なかった場合

(過去の競馬で実際にあり)¥2,048,000_のマイナス。 元を取ろうと次の

開催日にその¥2,048,000_を1レースから賭けて3レースまで1番人気馬

が来なかった場合、収支はついにマイナス1千万を超えてしまいます。

 

 
と、まぁここまでは あくまでも「仮」の話で走るのは馬だし乗るのは人。

 
一番人気馬の単勝オッズが2.0というのも そうそうありません。

 
このように「マーチンゲール法」を競馬に当てはめるとすると、

負けが桁外れになっても冷静でいられる、超強靭な精神と天井知らずの

資金が必要です。

 

 
運営事務局によれば「マーチンゲール法」の大損に対するリスク回避方法は独自の

 
モノを使うらしいですが、「マーチンゲール法」の大損に対するリスク回避方法は

 
2~3回やって勝っても負けても退散。 他にはありません。

 

 

超強靭な精神と天井知らずの資金を持ち合わせた方なら止めは

しませんが手を出さない事を激しくお勧めします。