こんにちは  ケイコです

 

こちらのキャッチコピーなんですが、

 

肉体労働をされている方々を冒涜しているように

思えて、とっても不快な気持ちになります。

zk4

肉体労働は誇り高きお仕事、井出剛さんはそこを

大きく勘違いをされているようです。

 

zk5

 

中国輸入でブラック企業から抜け出したことを前面に

出せば皆が一斉に飛びつく、とお考えになったのかも

しれませんが、そのやり方がそもそもブラックかも。

 

 

zk6

 

で、内容はどうなんでしょうか。

 

zk7

 

内容は書かれてある通り中国輸入ビジネスのノウハウです。

 

中国で仕入れてAmazon で転売、現地での仕入れは

中国人のパートナーに任す、という内容。

 

 

すべての動画とそれについたコメントを見てるとネック

になっているのは思った通り中国人のパートナー探し。

 

中国人のパートナーは 「パートナー選びのサイト」 で

自分で探さないといけません。

 

その 「パートナー選びのサイト」 は本講座に本気で

取り組む人にしか教えられないようです。

 

要はお金を払って井出剛氏の用意するコミュニティー

、セミナー、塾なりに参加しないと教えてはもらえない。

 

参加しようと前向きになっておられる方々で

やはりこの部分が気になってる人が多いんでしょう、

メルマガには、こう書かれています。

zk8

に対して

zk9

zk91

と返答されています。

 

なんだか入会させようと必死になってる気配も

うかがえるんですが・・・  気のせいでしょうか。

 

 

 

どうなんですかね・・・

 

 

パートナーがどこの国の人でも関係は無いんですけど、

それでも仕入れのお金を法人でもない1個人、それも

スカイプでしか会ったことがない人に渡す、

 

抵抗があって当然ですよね。 疑問に思うのも当然。

 

 

運よく中国人のパートナーが見つかっても意思の疎通

ができるかどうかは別問題。

指示を出して、それを正しく理解してもらわないと

いけないですしね。

 

細かく見ていくとリサーチツールの信頼性や精度

も信用できるのかどうか。

 

それ以前に、とっくに飽和してるんですけどね、

中国からの輸入。 もう何年も前から。

 

最終的には井出剛氏の提唱する、

井手式ネオ中国輸入ビジネスは 「本講座」 、

パーフェクトマスタークラブへの勧誘となります。

 

転売なら中国にこだわらなくても国内の転売に

活路はまだまだあるんですけどね。

 

 

パーフェクトマスタークラブへの参加費は不明

ですが、その分を仕入れに廻して自分でコツコツ

スキルを身に付けながら、

 

それもありだと思うんですが

あなたはどうお考えでしょうか。