こんにちは  ケイコです。

 

 

 
ネットビジネスの業界では 「大きい事を言う」 のは

販売方法としては正攻法、何も間違ってはいません。

 

ただし・・・

 

「こんだけ儲かってます」 と大きな事を言ってる販売者の

多くは偽物で、「将来的にはこうなりたい(こうしたい)」 と

大きな事を言う販売者の多くは本物です。

 

batu1

batu2

 

 

 
「25カ月連続で月収700万円達成」 と大きな事を言っている

清宮悠仁氏は将来的にはこうなりたい(こうしたい) とか、何か

ビジョンをお持ちなのかどうかはいっさい不明、

 

 

という清宮悠仁氏のエターナルバイナリ― はトライデント

システムというテクノロジーを使ったバイナリーオプション

のノウハウで最終的には

エターナルバイナリーレボリューションプロジェクトという

高額塾に発展します。

 

 

清宮悠仁氏がおっしゃるには

「毎月70万円や100万円、300万円,、年間では数千万円

以上の莫大な金額をしっかりと堅実に稼ぎ続けています、

これは、業界最高峰の勝率91.9%・・・ 」

ということですが、

 

batu3

batu7

 

 
大きな事をおっしゃってますね。

 

 
大きな事には違いないですが将来的なビジョンを大きく

言うんじゃなく今の実績を大きく言われても嘘くさい、

胡散臭いだけです。

 

batu

 

 
また、

 

 
誇大広告に関して知らない方は いがいに多いと思い

ますが誇大広告を出した時点で刑法の軽犯罪法、

「虚偽広告の罪」に該当します。 軽犯罪とはいえ出し

た時点で拘留又は逮捕も当然あります。

 

また消費者契約法や特定商取引法の禁止行為である

「不実告知」  (勧誘する際に、契約の重要な事項に

ついて事実と異なることを告げること)

 

 
に該当する可能性もあります。

 

 

清宮悠仁氏のトライデントシステムというテクノロジーを

使ったバイナリーオプションの手法、エターナルバイナリ―

の具体的な手法やロジックは一切不明のままバックエンド

の高額塾、エターナルバイナリーレボリューションプロジェクト

参加受付の第5話まで進んでいます。

 

batu4

 

 
また、

 

 
エターナルバイナリーレボリューションプロジェクト参加受付の

ページにさえ特定商取引法に基づく表記は一切なし。

 

 

販売業者等がその広告に基づき申込みを受ける意思が明らか

であり、かつ、消費者がその表示により購入の申込みをすること

ができるものであれば「特定商取引法に基づく表記」は必要です。

 

 

すなわち、

 

 

清宮悠仁氏のエターナルバイナリーレボリューションに参加して

トライデントシステムを使ってみて、もし仮に再現性が無く稼げなく

て返金請求したい、となったとき、(あくまで仮の話です)その時、

話の持って行き所がありません。

 

 
エターナルバイナリーの「エターナル eternal 」 の意味は

「永遠の」 や 「不滅の」 という意味。

 

 
バイナリーオプションの詐欺商材は、まさにエターナル、

永遠になくなることはなさそうです、

 

 
清宮悠仁氏のエターナルバイナリ―、 トライデントシステム

がそう、というわけではありませんが(笑

 

 

 

あれもダメ、これもダメ・・・

 

ネットビジネスをいろいろ試してダメだったあなたへ。

無料ですので、まずはこちらを読んでみてください。

すぐに読めて金銭的に楽になるための

ノウハウが超満載、しかも読んでおもしろいのは

この私、ケイコが保証します。

 

期間限定で

1000円 → 今なら0円(無料)です。

 

私の尊敬するトップアフィリエイター、

だいぽんこと濱田大輔 さんの

自由な人生を手に入れる教科書

 

パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育った

著者が4ヶ月で月収100万を達成した手法とは・・

 

Amazon電子書籍ベストセラーランキング

総合1位を獲得した人気書籍です。

 

期間限定、完全無料なので今のうちに

読んでおかないと損しますよ~