cazino

 

こんにちは ケイコです。

 

 

 

2010年にカジノリゾートが解禁されてから
アジア随一の観光大国となったシンガポール。

 

シンガポールには2箇所のカジノリゾートがあり、
多くの観光客が訪れております。

 

1箇所は、3本のタワーホテルの屋上が
船の形に連結され、天空のプールが楽しめる
マリーナベイ・サンズ。

 

もう1箇所は、地上がユニバーサルスタジオで
地下がカジノになっている
リゾートワールド・セントーサです。

 

カジノリゾートを解禁してから2009年には
970万人だった観光客が2017年には1740万人と
約8割も増加しております。

 

また、国際会議の開催件数も開業から5年間で、
23%も増加したそうです。

 

では、なぜシンガポールは成功できたのでしょうか?

 

それは、カジノというギャンブル色を
薄くしたことが大きな要因だと言われております。

 

シンガポールが力を入れたのは、
ノンゲーミング施設という
カジノ以外の施設だったのです。

 

国際会議場、ショッピングモール、レストラン、
映画館、遊園地、ホテルなどです。
 
つまり、カジノ以外の点を重視したことで
観光客からの注目を集めたのです。

 

一般的には、多くの観光客がカジノを楽しみますが、
周りの施設を重視することで付加価値を上げたのです。

 

それこそがシンガポールが成功した理由なのです。
 
そして、日本のカジノもシンガポールを
お手本にするのではないか?といわれております。

 

日本の技術やサービスの質を考えると
カジノ以外の施設を充実させることは
十分に可能です。

 

他にも、「おもてなし」などの
日本の伝統や文化を発信することで、
外国人観光客を誘致することも
考えられています。

 

日本は世界有数の経済大国で、
2017年には2869万人もの観光客が
訪れました。

 

このような観点から日本のカジノリゾートは、
世界最大級のマーケットになり得るといわれ、
大手の外資系企業も日本への参入を虎視眈々と
狙っております。

 

また、これから人口減少が進む日本において、
観光産業の発展は非常に重要な財源となってきます。

 

また、カジノIRが誕生することによって、
900種類の職種と10万人以上の雇用が
生まれるといわれております。

 

日本経済の活性化の為には、カジノが
起爆剤となりえることは容易に予想できます。

 

ちなみに、なぜ私がこれほどまでに
世界のカジノ市場について知っているかというと、
カジノIRに特化した情報配信サービスに出会ったからです。

カジノIR長者.com無料登録はこちらから

 

カジノIR長者.comは通常では手に入らないような
カジノIR投資に関する秘匿情報をほぼ毎日配信してくれます。

 

しかも、「完全無料で」です。

登録者数が増えれば有料となる可能性もあり得ますが、
現時点では無料で登録可能となっております。

ちなみに、有料でも利用する価値があるほどの
濃密な内容の情報を提供しているのです。

あなたも、少しでもカジノIR投資に興味があるのであれば、
カジノIR長者.comが無料のうちに必ず登録しておいてください。

カジノIR長者.com無料登録はこちらから